【賃金水準もGDPも世界の底辺へ】日本のこれまでの普通の生活はもはや普通ではない

賃金水準もGDPも世界の底辺へ


 👀【賃金水準もGDPも世界の底辺へ】日本のこれまでの普通の生活はもはや普通ではない


ひと昔前までの"普通の生活”は、

いまやとんでもない狭き門になっている。


ただ、

新築戸建てと車をローンで買って子供は二人…… 


みたいな、昔ながらのテンプレ家庭を築きたいという人自体も、

数が減っているんだろうけれど。


実際、ワタシ達も望んでいないし(どころか、ぶっちゃけ嫌)。

でも、望んでも築けない人が増えたのなら悲惨よね。



👀会社で真面目にコツコツ頑張る意味



基本的に終身雇用で、いったん企業に勤めてしまえば安泰

だった時代の人達と比較するとね。


例え新卒で会社員になっても、

人生の安定度に天と地ほどの差がある。


戦後~団塊の世代は

“真面目にコツコツ”

が通用した。


何があっても、入った会社にしがみついていれば、

将来が保証されたのだから。



👀間違ったところで努力しても報われない



でも、いまや日本は世界中が経済発展していく中、

GDPもどんどん抜かれているし。


賃金水準も、

経済協力開発機構(OECD)の中で"最底辺”


とくに、IT分野においては後進国入りといっても過言ではない。

明らかに、国力が衰退している。


つまり、

間違ったところで

“真面目にコツコツ”頑張っても無駄になる。



👀40代50代でのリストラはまるで見返りのない献身



将来の保障がないのに会社で頑張るというのは、

まるで見返りのない献身


20~30代を安い賃金で使われて、

40代50代では会社のお荷物としてリストラ、


……ってあまりにも酷い。


いまの会社員は、団塊世代でいうところの、

アルバイトやパートくらいの安定度しかないのでは。


もちろん、下手すると手取りも。



👀結局は素直で真面目で優しい人が損をする



もう時代がかわっている。


なのに、戦後~団塊の人達にならって、

“彼らの時代の普通”を追う

のは、本当に危険な行為なんだと思う。


でも、現実には、

素直で、真面目で、優しい人ほど

周囲のいうことをきいて「普通」を追いかけようとしてしまう。


希望に胸をふくらませて、キラキラした目で、


ローンを組んだり

返済型の奨学金を借りたり……etc


なんとも、いたたまれない話だと思うワ。