【実証済み】人生の質を低下させる間違った節約項目【食費と電気代】

食費と電気代

👀【実証済み】人生の質を低下させる間違った節約項目【食費と電気代】


ワタシは、生まれながらの節約大好き人間なんだけど、

節約において、削っていいお金と、削っちゃダメなお金がある。


これを見誤ってしまうと、

恐ろしく生活の質が低下するのよね。


そう、それは"食費と電気代”



👀原料費と調味料でひとり1万円は使うべき


食費は、多すぎても少なすぎても、

なぜか世の中からバッシングを受ける支出項目(笑)


だから、あくまで自分の場合でしか語れないんだけど。


ほぼ自炊の場合でも、原料費と調味料で、

ひとり1万円はあえて使うべきだと思うワ。


例えば、毎食100円のカップ麺食べて、

「ハイ今月の食費は9,000円でした(ドヤ!)」

っていってもダメというか。



👀将来の医療費がかさむのでは意味がない


節約厨の人々を見ていると、

月の食費が5~6千円なんていう人がいる。


もちろん、株主優待を使っているとか、

米は仕送りがあるとか、事情があるならいいと思うけど。


結局、そんな極端な食費の節約を長く続ければ、

中年期以降にそのツケがまわってくる。


健康を害した苦しみはもちろんだけど、

どエライ額の医療費にもなるはず。人生はトータルバランス


👀現代の「文化的な生活」は電気ありき


次に、生活の質を下げる節約が電気代

「健康で文化的な最低限度の生活」に電気は必要不可欠。


そりゃ、一切電気を使わずに、

江戸時代みたいな生活をして生きることだって可能。


でも、現代の「文化的な生活」と、

過去の「文化的な生活」って違うと思うのよね。



👀食費と電気代はケチるな!


うちは、水道光熱費が月1万円、

食費が実費だと2万円を見積もっている。


ちなみに、ガスの契約はしていない。

調理は、カセットコンロとIHの2つで2口確保。


縛りゲーが大好きなワタシ。

当然、食費、電気代の限界チャレンジはしている。


その結果として、

「食費と電気代はケチるな!」という結論に至った(笑)。