【数100万円を浮かせた技】超適当DIYで築45年の家をリフォーム

超適当DIY


👀【数100万円を浮かせた技】超適当DIYで築45年の家をリフォーム


うちの家は"築45年”の中古木造住宅。

自分達であちこち、適当にリフォームしてきた。


失敗した箇所も成功した箇所もあるけれど、

結局それはそれで満足。


うまくいったときには、

  この工事を業者さんに頼んだら、

  いくらかかったかな?

とネットで標準施工料をググる。そしてニンマリする。



👀結局すべて自分達で適当に直すの繰り返し



以前、お風呂場の壁の中で水道の水漏れが起きたとき、

業者を呼んで見積もりを取ったら“150万円”といわれた。


びっくりした。

数万円くらいだろうと思っていたので。


即、自分達で水道栓を止め、

壁を一部破壊して修理したら(数百円)で直った。


まぁ、そんな感じで、結局すべて自分達で直すという繰り返し。



👀ネットで検索すれば大抵やり方も材料も調べられる



それを繰り返していたら、結果として、何だかんだと、


何百万円と浮いている。


Youtubeやブログサイトなどを検索すれば、

大抵やり方も材料も調べることができる。


でも、基本的にまず100円ショップで素材を探して、

適当にやってしまうことが多い。


だから、いつまで経ってもド素人(笑)


👀家の修理なんて楽勝!柱と基礎を壊さなければOKだ!



というか、エンジンやプログラムを駆動させるのに比べたら、


家の修理なんて楽勝!って思っちゃうのよね。


もちろん、自己満で良いからなんだけど(笑)。


でも、例えば、もし、バイクで整備ミスったら、

ヘタしたら死


それと比べりゃ、

  家なんて、

  柱と基礎を壊さなければ大丈夫!

……みたいに、ぶっちゃけ思っている。


間違って穴でもあけたなら、適当にパテでも板でもくつっけて、

ペンキ塗っときゃいいわけで。



👀適当にやるから気楽で面白いのだ



いまだと、古い家をリフォームして、

貸したり売ったりするビジネスが注目を浴びている。


でも、ワタシには無理だなぁ。


他人に貸したり、売ったりするためには頑張れないかも。

適当にやるから気楽で面白いというトコロがあるし。


業者並みの施工をしなければならなくなれば、

DIYが楽しめなくなってしまうと思う。